2017.12.21

障害者の親です。後見制度についてどのように考え、何を実行したらよいでしょうか?

最近よくあるシチュエーション

「障害をもつ子のためにいつ何をしたらよいでしょうか?」と相談される親御さんは後を絶ちません。お子様が未成年だったり、60代だったり、お子様の年齢も様々です。
多くの親御さんが、お子様名義で貯金しますが、それが仇(あだ)となることも少なくありません。お子様に貯金を残せば残すほど、兄弟姉妹が(いても)後見人になれなくなるからです。また、見ず知らずの後見人に1000万円以上の報酬を払うことになるからです。

ここでは、障害を持つ親御さんの立場にたって後見のポイントを解説します。

CASE 1. お子さんが未成年の場合

お子様が未成年の場合、親が子を代理し、親の眼鏡にかなう人に任意後見をお願いしておく方法があります。子供10歳、親40歳としましょう。親はあと40年は頑張れるでしょう。つまり、40年後に備え、親権者の立場を有効に活用できる間に任意後見を使うのです。

こうすることで、見ず知らずの人が子供の法定後見人になることを防げます。費用も、親御さんと頼まれた人の間で決めるので納得でしょう。取消権は使えませんが、何かあったら、そのときに任意後見人に考えてもらえばよいでしょう。

1-1.親権者として、子に代わって、任意後見契約を結ぶ

誰に頼むかが最大の問題です。障害を持つお子様に成人している兄弟姉妹がいればその人に頼むとよいでしょう。兄弟姉妹に負担をかけたくない場合は、兄弟姉妹を任意後見人とし、任意後見人の代わりに動いてくれる人を後で兄弟姉妹が決められるように設定しておく方法が有効です。兄弟姉妹に頼まない(頼めない)場合は、心あたりの個人や法人に頼むことになるでしょう。あるいは、心あたりの個人や法人を任意後見受任者とし、任意後見監督人候補者を兄弟姉妹にしておく方法もあります。

1-2.何かあったら、その時に、任意後見人に考えてもらえばよし

任意後見を活用するので、法定後見の特徴である取消権を行使できないことになります。そのため、もし、お子様が、悪質商法に遭ったり、押し買いや押売りにあったら、任意後見人に裁判を起こしてもらえばよいでしょう。裁判で勝てば、結果的に取消権と同じ効果が得られるからです。訴訟の弁護士費用はせいぜい30万円程度です。法定後見人に毎月発生する費用の総額に比べれば、一桁も二桁も安く済むはずです。法定後見(の取消権)にこだわる必要は特にありません。

CASE 2. お子さんが成年の場合

お子様が成年の場合、お子様と誰かで任意後見契約を結んでみましょう。任意後見は公証人次第です。障害があるからといってあきらめてはいけません。実際、最重度の知的障害者(60代)が50代の妹さんと任意後見契約を結んだ例もあります。

法定後見を使う場合は、お子様名義にしていた預貯金は親の口座へ回収してください。それでも、お子様名義の預貯金があれば不動産や保険に換価してください。そのうえで、後見開始の申し立てをするとよいでしょう。これにより、家族等が後見人になる可能性が高まったり、後見制度支援信託や監督人を使う必要性が減るからです。

2-1.知的障害でも任意後見契約はでき得る

任意後見契約は公証人次第です。ある公証人がだめでも、別の公証人は、障害者の意思能力を認め、障害者を委任者とする任意後見契約を公証するかもしれません。具体的には、名前が書けて、お金の事はこの人に頼みたい、という意思表示ができれば、任意後見契約が認められる可能性はあるでしょう。

任意後見に併せて、遺言を書いておくのもよいかもしれません。相続人がいない場合、遺産は国に帰属するだけですので。

2-2.法定後見を使う場合のポイント

ポイントは障害をもつ子に財産を残さないことです。

まず、親御さんのお金をお子様名義の口座に形式上貯めてきた場合は、後見開始の申し立てをする前に、そのお金を親御さん自身の口座に戻してください。こうすることで、本人の口座には本人の財産だけが正確に残ることになります。次に、障害を持つお子様の世話をしてくれそうな人や法人に、親の財産を残すようにしましょう。方法としては、親御さんと世話をしてくれそうな人の間で、負担付遺贈や民事信託を活用するとよいでしょう。

そのうえで、心あたりの人を後見人等候補者に記載しつつ、後見プランのようなものを作成し、後見開始の申し立てをしてください。

まとめ

お子様が未成年の場合、親が子を代理し、親の眼鏡にかなう人に任意後見をお願いしておく方法があります。これにより、見ず知らずの人がお子様の法定後見人になることを防げます。お子様が成年の場合、まずは、お子様と誰かで任意後見契約を結んでみましょう。任意後見がダメな場合は法定後見しかありませんが、後見開始の申し立てをする前に、親御さんとお子様の財産を整理してください。これにより家族等が後見人になる可能性が高まったり、後見制度支援信託や監督人を使う必要性が減るからです。

最近のお悩みの傾向について

解説:一般社団法人「後見の杜」宮内康二代表

家族に弁護士等の後見人がついている方からのお悩みの内容で多いのが次の3つです。

  • 家族の反対を押し切って自治体が強引に後見人を付ける手続きをした
  • 家裁やリーガルサポートに後見人の文句をいっても取り扱わない
  • 後見制度そのものから離れる方法はないのか

ご自分が家族の後見人をされている方からのお悩みの内容で多いのが次の3つです。

  • 家庭裁判所から後見制度支援信託か監督人を選べといわれ当惑している
  • 監督人から不当に文句を言われ、高額な報酬を請求されて困る
  • 財産管理をする後見人がつき被後見人の通帳を出せとせがんでくる

後見人をつけるかご検討中の方からのお悩みの内容で多いのが次の3つです。

  • 後見人って大丈夫なの?
  • 後見制度以外の方法はないの?
  • 家族が後見人になるにはどうしたらいいの?

私たちは、後見される側やそのご家族の立場にたって、
一つ一つの後見事例の適切な運用をサポートします。
複雑な後見制度を紐解き、その運用を改善・向上していきましょう。

相談者の声

ご自分が家族の後見人をされている方
後見制度支援信託を迫られて困っていました
ご自分が家族の後見人をされている方
裁判所から保佐人を降りるようにと強要されました!
後見人をつけるかご検討中の方
父と任意後見契約ができて安心しました
後見人をつけるかご検討中の方
「後見しかない」と言われて途方に暮れていました
家族に弁護士等の後見人がついている方
弟の意思を尊重した後見が叶いました
家族に弁護士等の後見人がついている方
相談先を求めて半年間さまよい、やっと巡り会えました

イベント・相談会

2018年6月15日(金)13:00~15:00
受付中
【東京開催】知的・精神障害者の後見実話懇談会会場:NPO法人ことのはサポート 会議室
2018年5月18日(金)13:00~15:00
受付中
【東京開催】後見がらみの不動産取引実例相談会会場:株式会社プロセット 会議室
2018年4月20日(金)13:00~15:00
受付終了
【東京開催】おひとりさまの遺言・後見座談会会場:NPO法人人生まるごと支援 会議室
2018年3月16日(金)10:00~12:00
受付終了
【横浜開催】ケアマネ・地域包括向け後見実務研究会会場:かながわ県民センター 711
2018年2月1日(木)14:00~16:00
受付終了
【群馬開催】市民後見連絡会会場:群馬県玉村町役場 会議室